トップ > ホワイトデーの装飾について > ホワイトデーに相応しい装飾の作り方と展示の工夫

ホワイトデーに相応しい装飾の作り方と展示の工夫

ホワイトデーは男性が女性に対して贈り物をするイベントとして広く普及しています。
従来はバレンタインデーにチョコレートを貰った男性がお礼の意味を込めてクッキーなどのお菓子を贈る内容でしたが、現在ではバレンタインデーに関係無く、男性の側から女性に対して好意を抱いてる事をアピールする目的で贈り物をする日として定着しています。
そのため、ホワイトデー向けの商品もお菓子以外に女性の好みに合致する雑貨類や貴金属など多岐にわたり、販売店では独自の装飾で購買意欲を向上させる工夫が求められます。
ホワイトデー用の装飾は男性からの贈り物をイメージしたデザインが無難とされていますが、同業者との差別化を図る意味であえて男女間のイベントとしての雰囲気を排除したデザインにまとめ上げるケースもあります。


販売店で行う装飾は購買意欲向上の他、店内の雰囲気を明るく開放的に変える効果もあります。
ホワイトデーは贈り物をする日なので、相手への感謝や好意を示す効果がある商品を購入するのが一般的です。
そのため、目的と合致する商品であれば高額でも購入しやすい雰囲気を作るために装飾には気を配る必要があります。
従来の慣習からホワイトデーはバレンタインデーと対になっているイメージがあるため、色やデザインを類似させた装飾によって共通点があることをアピールする方法もあります。
バレンタインデーに女性から贈り物を貰った男性には効果が高いので、現在でも多くの小売店が採用しているイメージ戦略ですが、その一方でバレンタインデーありきな演出であることから、小売店独自の工夫が難しい問題もあります。


商品のアピールや購買意欲を高めるには装飾以外に展示方法にも気を配ることが大切です。
ホワイトデーの購買層は男性が多数を占めることから、男性が興味を持ちやすい方法で展示する工夫が必要になります。
男性は商品の価格よりも商品自体の希少性を重視する傾向があるため、特別なデザインや限定生産の商品ほど売れやすい傾向があります。
ホワイトデーは一年に一度のイベントなので特に希少性が重視されやすい点を踏まえ、この売り場でしか購入出来ないと思わせるほどの雰囲気が出せる展示にするのが販売数を増やす工夫です。
また、男女が一緒に買い物をするパターンも想定して展示方法を工夫することが大切です。
ホワイトデーはバレンタインデーと比較すると販売スペースを広く取るのが難しいため、装飾のデザインや商品の展示方法を慎重に吟味するのが売る側に求められる姿勢になります。

次の記事へ