トップ > ホワイトデーの装飾について > ホワイトデーの装飾にはかなり気をつかっている

ホワイトデーの装飾にはかなり気をつかっている

バレンタインデーで女の子からチョコレートを受け取った男性は、3月14日にその女の子に対しお返しをする習わしがあります。
チョコレートのお返しはマシュマロやキャンディーが多く、クッキーなども選択肢に入っています。
ホワイトデーの贈り物の装飾はお店でやっていますが、天井から下げる飾りやブースをきれいにするデコレーションアイテムは相当手がこんでいて、お客の目に留まるような物が多いです。
具体的にはマシュマロなどが売られているワゴンにつけるポップや天井から下げるバルーンなどで、白や青などすっきりとした色の飾りが好まれる傾向にあります。
また、買った品物を包む包み紙などもかなり凝った模様が使われており、お客たる男性が買いやすいような工夫が随所に凝らされているのも特徴の一つです。


ラッピング用品も凝っているのがホワイトデーの装飾の特徴で、リボンの色から袋の柄まで、かなりデザインにセンスの良さが見られます。
男性が女性に送る物はなるべくプレゼント形式にするのがこのイベントの特徴で、小さな物でもきれいに包めば見栄えがとても良くなります。
最近はマシュマロなどに加え、高級マカロンなども贈り物に選ばれるようになりました。
また、メッセージカードなども添えて渡す形が主流になり、それもお店側でサービスとしてつける傾向にあります。
これは単にお菓子を渡すだけのイベントではなく、男性が女性に気持ちを伝えるイベントであるため、飾り一つとってみてもかなりの面でお店側が気を使っているのがわかります。
男性は普段こうしたイベントを意識しないだけに、売り場に行くと飾りがきれいなところを見ます。


プレゼントのデコレーションに関して、男性はどんな形を想像するでしょう。
ホワイトデーの装飾は贈り物を包む紙やリボンなどにとどまらず、その他いろいろな物に見られます。
お菓子売り場にもお店側が用意した飾りがあり、それを見たお客がこのイベントの雰囲気を感じ取ります。
飾りはイベントに関連した物になるのが常識で、男性が女性に贈り物をするこのイベントでは、全体的に清潔感のある色が好まれます。
すなわち、水色や白が多用され、純粋な気持ちが表れるわけです。
もちろん、飾りは飾りですから贈り物を包む物に過ぎません。
しかし、贈り物を受け取る側にすれば、男性の気持ちが色を通じて伝わるわけで、かなりのインパクトも感じます。
お店側が用意してくれる飾りは、カップルの気持ちを後押しする作用があります。