トップ > ホワイトデーの装飾について > ホワイトデーの装飾はどちらかと言えば目立たない

ホワイトデーの装飾はどちらかと言えば目立たない

かつては、バレンタインデーには女性からチョコレートを渡して男性へ愛の告白をし、ホワイトデーには男性から女性へ、お返しがされる日という認識でした。
最近では男女関係なく、友達やお世話になっている人に贈るという認識になっています。
そもそも、バレンタインデーにチョコレートを贈るというのは、日本に根付いた比較的新しい習慣で、チョコレート業界の策略に日本中が賛同した結果とも言えます。
そのコンセプトは、バレンタインデーには女性が意中の男性にチョコレートを渡し、愛の告白をしようというものです。
プロポーズにしても、付き合うにしても、かつての日本女性は自分から言うことは少なかっただけに、女性が主導権を握れる一年のうちのたった一日ということが、大きな支持を得たのかもしれません。
ただ、チョコレートをもらった男性から女性に対してお返しをする日というのは、しばらくの間はありませんでした。


バレンタイン商戦が過熱し、デパートの装飾がハートその他の愛を表すものだらけになる一方で、男性からのお返しの日がないことを不思議に思ったある人が、お返しにはこれと大々的に売り出したのがマシュマロでした。
そのため、ホワイトデーという名前ができるまではマシュマロデーと呼ばれ、マシュマロを返すのが礼儀となり始めました。
今でも、ホワイトデーのお返しにマシュマロがあるのは、ホワイトデーを考え出した人がお菓子の店の経営者であり、白いマシュマロを発売したためなのです。
けれど、日本人にとってマシュマロは、それほど親しみのあるお菓子ではありません。
そこで、飴業界がホワイトデーにキャンディーを返そうというキャンペーンを起こし、一時期ホワイトデーをキャンディーの日と呼んでいたくらいで、まさにお菓子業界のバトルといった感じです。


ホワイトデーの装飾は、デパートに行ってもどこか控えめです。
マシュマロとキャンディーのバトルは、お返しの意味を複雑にさせましたが、それが尾を引いているのかもしれません。
最初はあなたの愛を包みますという意味で、OKの印と捉えられていたマシュマロですが、すぐ溶けてなくなることや、ぱさぱさしていて味気ないということから、最近ではNOの意味のお返しという認識になっています。
一方のキャンディーはかたくてなかなか溶けないことから、長く愛することを意味し、OKの意味合いで使うお返しとなっています。
また、OKでもNOでもない、お友達でいようという返事にはクッキーが定着しました。
これらの意味を理解すると、すべて愛のために買われるチョコレートを販売するバレンタインデーの大々的な装飾に対し、ホワイトデーは複雑な心境が交錯し、装飾も自然と控えめになるのかもしれません。

次の記事へ